子どものための英語

よくある質問

保障

How do I know that my credit card details are safe

At 'Sam and Mel' we have no access to members' credit card details. Payment is done through Paypal, one of the most reputable and secure payment gateways in the world. You have the choice to pay as a Paypal member or using your credit card. Both ways are completely secure.


年齢

娘は学校で2年間英語を習っています。最初の方のレッスンを飛ばしてもいいですか。

お子様にいくらかの英語の知識がある場合には、初期段階のレッスンをさらっと終わらせることができます。しかし、文法や発音、語彙などの基礎力を強化するためにしっかりとレッスン1から開始することをお勧めします。

うちの子が「サムとメル」の英語学習サイトを使って英語学習を始めるのに最適な年齢というものはありますか。

最適年齢は4歳~8歳です。リーディングに関しては4歳のお子様には大変ハードですが、当社の教材を用いて幼稚園の年少さんくらいから学んだお子様に良い結果が出ております。英語のレッスンを受けたことがないお子様やネイティブではない先生に英語を教わってきたお子様にとっては、9歳以上のお子様にも、本レッスンは効果的となります。


ジェスチャー

新しい単語を学ぶ時に、何故学習者に手を動かす必要があるのですか。

ジェスチャーをすることで2つの学習方法を使用することができます:先ず、プレゼンターが話をすると同時に手を動かすのをお子様が見ることで視覚的に学習することができます。次に、手を動かすことでそのジェスチャーと言葉がリンクし覚えやすくするという感覚運動学習ができることになります。
視覚的な学習を主にし、ジェスチャーを見るだけで単語を覚えてしまうお子様もいれば。ジェスチャーをしなければ単語を覚えることが難しいという感覚運動学習をされるお子様もいらっしゃいます。


ビデオ

何故全てのレッスンがビデオレッスンなのですか。

ビデオは視聴覚と定義づけられ、聴覚と視覚を使用することになります。そしてこの2つの感覚は学習をする際に最もパワフルな感覚なのです。ネイティブの英語教師を各ご家庭や教室に派遣することは不可能なので、次にできる最善の策としてビデオという形をご用意させていただきました。



本サイトのレッスンは、子供の発達段階で自然な形で言語形成をする口頭でのスピーキングとリスニングの力を上げることに集中した教材です。リーディングや英作文は自然に身につくスキルではなく、教わらなければならない分野になります。そのため、子供達が先ずリスニングとスピーキングの力をマスターするのは普通のことなのです。「サムとメル」のサイトの中でリーディングも教えられていますが、子供達が読む時に大きな声で読むということを主な目的としております。


アニメ

各レッスンにアニメのキャラクターを用いないのには理由があるのでしょうか。

本サイトのレッスンでは、アニメのキャラクターを用いることはしません。アニメを用いてしまうと本物の人間の顔の表情や口の動きを見せることができないからです。言葉を必要としない要素を使うことは効果的なコミュニケーションと正しい発音を習得するのに不可欠なものなのです。更に、アニメのキャラクターは通常、声が機械で変換されてしまっているので自然な音にはならないのです。


テスト

テストがないということならば、他に息子の各レッスンの習得状況を知る方法はあるのでしょうか。

お子様に保護者の方の前でレッスンを受けてもらってください。お子様がレッスンをしているところを観察してみてください。全ての単語を知っていて、センテンスが言え、歌が歌えるようであれば次のレッスンに進む用意ができているということになります。完璧にできていなくてもいいのです。間違いを正すより、習得してできたことに対して褒めてあげてください。そのレッスンを十分に習得できていないと感じた時にはもう少しそのレッスンに時間をかけ、学習していくように言ってあげてください。

各レッスンの最後にテストを設けないのですか。

テストを設けてしまうと、一度テストに合格したらテストを受ける前に学習してきたことを忘れてもいいというメッセージを子供達に送ってしまうことになります。このような形では言語習得は不可能なのです。



言語学習というものは高い塔を築きあげていくようなものです。先ず、しっかりとした基盤を作り、次の階のそのまた上の階もしっかりと組み立てていけるように各階しっかりと作り上げていかなければならないのです。当社のレッスンも、子供達が学習したことをいつでも思い出せるように、子供達にしっかりと英語の基礎固めをつけさせるような仕組みになっております。(テストに関する情報をもっと知りたいという方は当社のブログをご覧ください)。


習得が困難である

娘は最初の10レッスンを終わらせたのですが、あまり覚えていないようなのです。何故でしょうか?

お子様が各レッスンをさらっと早く終わらせてしまった可能性があります。各レッスンにつき毎日10~15分ほど、少なくとも1週間かけて学習することをお勧めしています。


翻訳

各レッスンにおいて10の単語の日本語の意味は提供しないのですか。

個々の単語にいくつもの意味が含まれていることがあるので、言語学習において1語ずつ単語を訳すという態度に慎重になっています。個々の単語に最適な意味を提示することが困難な時もあるのです。しかし、それぞれの会話のシーンにはPDFファイル版に訳がついています。

ビデオレッスンに字幕はつけないのですか?

学習者の母国語が新しい言語を学ぶ上で役に立つということが分かっているので、親御様や先生方に手伝ってもらい子供達が各レッスンの会話のシーンを理解できるようにダイアログを幾つかの言語に翻訳してあります。もう一方で2つの言語を比べるやり方は新しい言語を習得するのに自然な方法とは言えません。当社は、子供達に英語を英語のまま、母国語を介さずに学ぶ有効性を選択しています。

私の言語には会話のダイアログの訳がついてないのですが。

当社は幾つかのアジア言語、ヨーロッパ言語の翻訳版は提供しておりますが、残念ながら全ての言語に対応しているわけではありません。しかし、特定の言語で当社のレッスンのニーズが高まった際には、将来その言語の訳を提供するように努めます。しばらくの間は英語のダイアログ文をダウンロードし、おおよその意味をつかんでいただくためにグーグル翻訳を使用されることをお勧めします。


リーディング

レッスン7において‘color’ や‘favorite’などのようにアメリカ英語のスペルを用いた特別な理由はありますか。

アメリカ英語のスペルの方がシンプルなのでそれらを採用しております。アメリカ英語のスペルはアルファベットが1文字少ないからです。そういった理由の他にアメリカ英語とイギリス英語のスペルに関し特別にどちらかを好んで使用しているということはありません。当社は書き言葉より話し言葉の方を重視しています。

リーディングにフォニック学習法を取り入れないのですか。

フォニック学習法でリーディングを教えることは‘サムとメル’が目指している範囲外のものです。当社の第一の目標はリーディングができるように教えることではなく、話せるようになるように教えることなのです。ライティングが含まれたレッスンは子供達が大きな声で読んだり歌ったりすることによって話す機会を増やすように設定されているのです。


技術的な問題

ウェブサイト上で作動しない機能があるのですが。。。

‘サムとメル’のウェブサイトは最新の機能を用いております。そのため、残念ながら古いバージョンのインターネット・ブラウザ(「古いバージョンのインターネット・エクスプローラーなど」はサポートされないのです。もし古いバージョンを使用しているために問題が生じているようでしたら、幸いなことにFirefoxGoogle Chromeの最新版を無料でダウンロードできます。もし、ブラウザを最新バージョンにしてもまだ問題が解消されないようであれば、当社にご連絡ください。当社で調査をいたします。

ビデオが全く再生しない。。。

万が一ビデオが全く再生しないというような状況が起こった場合、お客様のインターネット・ブラウザが最新版のものか確認してください。FirefoxやGoogle Chromeは無料でダウンロードできます。もし、最新版にしてもビデオが見れない場合には、当社にご報告ください。当社にて調査をいたします。

ビデオが時々止まったりしてスムーズに見れない

この原因はインターネットの速度に起因している可能性があります。インターネットの速度を上げることが不可能であれば、次の方法を1つだけ、または2つとも試されることをお勧めします。


  1. ビデオ再生バーの右下にある’HD’ボタンをクリックしてください。こうすることでHD(高画質)がoffになり、解像度は低くなりますがビデオをダウンロードする速度は速くなります。

  2. 何度も止まってしまうことがないよう、ビデオを始めるために再生ボタンを押した後、一時停止ボタンを押し、しばらくダウンロードする時間を与えてください。


お客様の声


この素晴らしいコンテンツをおめでとうございます。私の生徒たちは英語が大好きで、この教材を午後に作業することができました。

Céline Sichet, France

詳しくはこちら